« 山桜 | トップページ | 麦 »

2007年3月22日 (木)

からすのパンやさん

 散歩の帰り ふと見るとクロモジの新芽がちょこっと、とんがってでています。クロモジといえば・・・爪楊枝・・・じゃなくて

いずみがもりの くろもじ さんちょうめの かど「からすのパンやさん」子供達が小さな頃繰り返し繰り返し読んだ。早速帰って、絵本箱から取り出してみた。

 

 ゆっくり始まるお話が、一番盛り上がるのは、パンの種類を読み上げるところ、続いてねぼけたサイチどんとあわてん坊のゴロベエどんが登場する頃からは、読む方の息が切れるくらい大忙しになる。

 

 子供達にと読んだ本。

お菓子の屑、染み、落書き、思い出がはさまった絵本。

今、自分がわくわくししながら読んでいる。

|

« 山桜 | トップページ | 麦 »

日記・独り言」カテゴリの記事

コメント

わかります♪うちの子供もボロボロになるまでカラスのパンやさん読んでます♪そうそう、一番盛り上がるのそこなんですよね!うちの子はボクはこれ!って言いながらパクパク4人で食べてます(笑)私もずっと絵本は宝物として残しておきますよ♪
きっと子供たちの子供にも語り継がれていくんでしょうね!

投稿: さくらママ | 2007年3月23日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山桜 | トップページ | 麦 »