« からすのパンやさん | トップページ | 草引き »

2007年3月23日 (金)

 棚田に植えた麦、冬の間遠くから見てもきれいな緑だったのに、最近急に黄色くなった。ここ2週間、気になりながら近くで見るのがこわかった。今日はピーマンの畝たて、順調に作業が進んだので「現実から逃げたらいかん」と勇気を振り絞って麦を見に行った。

 どの株も同じように全体が黄色くなっている。 

 低温の時期に育つから、結構肥料分(油かす、鶏糞、燻炭、米ぬか等)を種まきの時いれておいても大丈夫なのに、今年は暖かい冬になったのでよく伸び、そこへ寒さが来たからだと思う。

 麦を水田の裏作に作れるのは、中国の一部と日本だけだと本で読んだ。恵まれた気候と恵まれた水環境があるからできる贅沢な農法。欲張ってたくさん肥料をいれたのが悪かったか。

 麦を作っていない田も上の方へ見に行った。黄色い菜種の花だ、レンゲの緑の中に咲いていた。秋に油かすをすき込んだ時、実も混ざっていたのだろう。嬉しくなって3本つみ取って帰った。

|

« からすのパンやさん | トップページ | 草引き »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« からすのパンやさん | トップページ | 草引き »