« ひまわり | トップページ | デッカイ橋 »

2007年4月20日 (金)

新緑

写真のないブログを続けています。

できるだけ想像しながら、読んでほしいからです。

見栄えはしませんが、もしよかったら引き続きお付き合い下さい。

 

 今日、仕事で御坊に出た帰り、夕方にはまだ少しのころ日高川町の三百瀬という所を通りかかった。

 日高川沿いに龍神に向かう道の中でも、一番長い直線があるところです。それくらいですから目の前がひらけ、あたりの景色を見はるかすことができます。

 

 目の前にひろがる山は、杉、桧の緑と、樫類の明るい黄緑が、それぞれ固まりを作って点在し、混ざり合い山を埋めています。

そこに午後の光が差していました。

 

雲が流れるとその影が山肌を流れていきます。

影が来ると、新緑は、薄らぐ、けど輝いて見える。

本当は、影が新緑に薄れるのです。

それでも雲は流れ、次々に山の色合いが変化します。

へこんだり、出っ張ったりするようにも見えます。

 

光と影が、薄れたり、濃くなったりしながら

そして揺れながら、山を走るのです。

 

冬の間、静かだった山が、急ににぎやかに見えた午後でした。

|

« ひまわり | トップページ | デッカイ橋 »

日記・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひまわり | トップページ | デッカイ橋 »