« ちょうど良い雨 | トップページ | 水車 »

2007年7月19日 (木)

大切なもの

龍神村の北に大熊という地区があります。

そこには以前「大熊小学校」があり、高野龍神スカイラインの龍神側の起点にあたるこの地に小学生の声が聞こえていました。

今は廃校になり、地域の公民館のような存在になっています。

その元校舎の一画に簡易郵便局があります。

697461

訪れる人も少ないのですが、郵便物や、小さな金融機関として地域で暮らす人たちには、なくてはならない存在です。

この簡易郵便局で平日ずっと事務をしている若者がいます。

大切なものの存在を支えています。

来週末、村の小学5年生の子供達とここを起点にキャンプをします。

キャンプの中で、「地域の大切な簡易郵便局」を「何となく」でもいいから知ってもらえたらと願っています。

|

« ちょうど良い雨 | トップページ | 水車 »

日記・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょうど良い雨 | トップページ | 水車 »