« 大切なもの | トップページ | 一本の花に »

2007年7月20日 (金)

水車

龍神温泉から少し日高川沿いを下った駐在所近くの道ばたに、最近水車が置かれました。

698055

軸は目込みの杉、本体は立派な桧、わく板は木目の欅。

直径1メートルほどと小さいけど、造りは立派

そばにいたおじさんに「造られたんですか」と聞いたら

自慢げに、照れくさそうに頷かれました。

でも「何のために」と聞く前にいなくなってしまった。

その後現れた息子さんらしき人に

「かぁ回うだけかい?(かぁ、まうだけかい=ただ回るだけですか)」と聞いたら

「みたいなで(そのようです)」とのこと

余り水が溝に落ちるのを利用し、道行く人の目を楽しませようと、作られた水車です。多分

ものには、直接の意味がある物と、そうでないものがあると思います。

この水車は「そうでないもの」です。

直接意味のないものだからこそ

ほっとするのかもしれません。

この水車に出会った方は通り過ぎず、

立ち止まって見せていただきましょう。

|

« 大切なもの | トップページ | 一本の花に »

日記・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大切なもの | トップページ | 一本の花に »