« 原付に乗って | トップページ | ピーマンⅡ »

2007年7月 1日 (日)

我家の保護林

午前中は田の草取りをし

午後は久しぶりに山へ行った。

 

田にいると田が良くて

山に行くと山が良い

 

まずはムササビに出会いに

枯れた桧の洞には姿が見えなかった。

もう一つの巣に行ってみたら、杉のウロから頭を出していました。

私を見つけると、くりくり目玉で2回まばたきして、頭をすっこめた。

次に顔を出すのを待っていたら

 

何かの影が空を横切った。

 

見るとトンビがぐるぐる舞っていた。しばらく見ていると親鳥は数年前の巣の跡にとまった。

雛の声が聞こえるのは、今いるところから少し登った所にある栂の木

今年もここで子育てをしてくれるようです。

親は別の木にとまって私が去るのを待っていたのです。

 

「これは失礼」と次の場所へ

 

百年ものの杉に空いた五百円玉ほどの穴

ミツバチが巣を作って、忙しく飛び交っていました。ここなら誰も密をとりには来ません。

生きた木に巣を作っているミツバチは、はじめて見る光景です。

 

細い杉の木に、サッカーボウル状の巣、これはリス?

 

動物たちはこの狭い場所で生活していました。

我家の保護林を大切に守っていかなければなりません。

|

« 原付に乗って | トップページ | ピーマンⅡ »

あそび」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。