« 稲はち | トップページ | 邪魔雨 »

2007年9月14日 (金)

花盛り

 春が花の時期だと思い込んでいました。デジカメを手に花を写そうとこの辺りを歩いてみました。畑にはオクラ、きゅうり、豆、ナス、それからアオジソ、庭には芙蓉、百日紅、山に入ると男郎花、萩、水引き草、いたどり、ヌスビトハギ、名前の知らないたくさんの雑草の花など、秋も花盛りです。

 ムラサキシキブがたくさんの実をつけました。隣の空き地の隅っこで見つけました。

741010 741013  

むらさきの実は、これから少しずつ深く濃くなっていきます。

 みやびな名を持つ植物、元はムラサキシキミと呼ばれていたそうだ。だが実の色と音から紫式部を連想し、こう呼ばれるようになったらしい。

確かにこの実の色は、気品があって紫式部を連想するなあ。「あっ、ぴったり」と納得するので、一度聞いただけですぐに覚えてしまう。

 京都の宇治にある源氏物語ミュージアムの周りには、この木がたくさん植えられています。

 でも、こんなに近くにこの木があったことを私は昨日知りました。

|

« 稲はち | トップページ | 邪魔雨 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稲はち | トップページ | 邪魔雨 »