« 燻炭 | トップページ | よしっⅡ »

2007年9月 3日 (月)

よしっ!

留守電が入っていた。北のちよこさんからだった。

 

「皆さん元気ですか」で始まって、「柳田の稲が良くできてます。刈りに来て下さいよ」ということだった。棚田の一番上で一枚だけ離れたところにあるので、田植え以来4~5回行ったきり、ちよこさんけーやん夫婦が水を見たりして世話して下さっているのだ。

 

 この季節 棚田を耕作する仲間同士、「手に負えず」と、みたら助け船を出してくれる。お互いさまの気持ちがあって、黙って来ていつの間にか一緒に作業してくれていることなどは茶飯事。

 

 

明日は稲刈りだ。一反二畝、二人で刈って、「下がり」(稲を天日で乾かすための棹)に稲束を掛ける。

化学肥料は使わず、できるだけ農薬を控え、近所の人の情に支えられて育てた稲、あと少し手間をかけて食卓に運ぼうと思う。

 

田の付き合いや多くの発見をくれた棚田に感謝しながら明日はゆっくり作業をしていくことにします。

 

|

« 燻炭 | トップページ | よしっⅡ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 燻炭 | トップページ | よしっⅡ »