« 輝く雨 | トップページ | ヒル »

2007年9月26日 (水)

お月見

 昨夜はよく晴れて、きれいなお月様がふわりと座っているように空に浮かんでいました。

 

中秋の名月うちでも萩と尾花とウドの花、ミズヒキソウを花瓶に挿し、うっふとお父さんと一緒にお月さまをながめた。

 

芋名月といわれるから、ホントなら里芋をお供えしなければならないのだけれど、まだ掘ってないので、『たまや』で買ってきた雪見大福をお供えした。

 

かつては十五夜の晩に、子供達が夜の闇?(満月で明るいのですが…)にまぎれてお月様への供え物をもらい歩く(黙って賜っていく)ことが認められていた地域が全国あちこちにあったそうだ。

 

日高郡にもこんな風習の残っているところがあるらしい。

十五夜には、各家で子ども達のためにお供え物を用意し待っているそうだ。それを、子ども達は見つからないようにいただいていかなければならないのだそうだ。

今夜も子供達が楽しそうにあちらの家こちらの家とお菓子を集め回っているのかなあと想像しながら月を見ていた。

 

|

« 輝く雨 | トップページ | ヒル »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 輝く雨 | トップページ | ヒル »