« 花盛り | トップページ | サル »

2007年9月17日 (月)

邪魔雨

台風は東シナ海をぬけてくれたが、流れ込む雲がにわか雨を降らす。

 

昨日稲刈りをしていると、景色の開けたところの先が雨で白くなり何分かするとその雨がやってくる。

夕立ほどではないけれど、濡れるにはきつい雨。

8畝(240坪)の稲を刈って干すのに避難3回小屋の軒先に逃げ込んだ。

逃げる前には、刈り取った稲束を稲刈り機にかぶせてシート代わりにする。(田植機は雨や泥に強いのですが、稲刈り機は弱いのです)

 

3回の避難でだいたい1時間半くらいは休んだことになります。作業中のにわか雨は‘じゃま雨’と呼ばれます。

この時期

「じゃま雨ん、降ってかなわんのう」が

挨拶言葉になります。

しかし、このじゃま雨、体には非常によいのです。少し働いては休みまた働いては休むので、疲れないのです。

それに、軒先で雨を眺めたり、話をしたりしてそれなりに時間をもてあます事はなく、雨上がりになります。

 

忙しくするのが良いことみたいに思っている私たちに、

「そんなに焦らなくても大丈夫だよ」

自然はそう教えてくれているのかも知れません。

|

« 花盛り | トップページ | サル »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花盛り | トップページ | サル »