« 宮代文化祭 | トップページ | 恋の季節 »

2007年10月27日 (土)

護摩壇山ウォーキング

 護摩壇山スカイタワーから頂上を経由して、森林公園まで約6kmを35名のお客様と一緒に歩いてきた。

 

インタープリターは、地域の自然やくらしと来訪者をつなぐ役割をする。

今日は、龍神の暮らしや自然についてのほんの一端をお話しさせていただきながらあるいた。

 

雨が昼過ぎにはやむという天気予報だったが、標高1300mの山では全然違う天候となった。風雨が強く、霧も出ていた。思い出に残るウォーキングとなった。

 

思いがけない出会いがあった。

違うコースを歩いた人たちを、途中一人で待っていたときのことだ。

私の立っているところから10mほど先の霧の中に、ぼーっと尾の長い山鳥が現れた。そして歩いて道を横切っていく。一瞬立ち止まってこちらを窺い、はっとしたように木立に走りこんだ。

霧の中で立ち止まった姿に自然の中で生きる者の神々しさを感じた。

 

|

« 宮代文化祭 | トップページ | 恋の季節 »

日記・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮代文化祭 | トップページ | 恋の季節 »