« 痛かった | トップページ | 巣箱を壊すもの »

2007年10月13日 (土)

味噌

今年もそろそろ味噌を仕込む時期が来た。

 

味噌を作り始めて3年目、材料の麦は春収穫したもの、米はこの秋のものです。

大豆は家で取れる量が少ないので材料としては足りません。

おばあちゃんは普通の大豆より黒大豆が好きなのです。

おばあちゃんの煮た黒豆はほんまに美味いのですが、正月だけではなく毎日食卓に並びます。

言い訳が長くなりましたが、そんな理由から大豆だけはお母さんの実家のある御坊の伊奈雑穀店で買い求めた。

 

家で、保存食を作る時、不足する材料はできるだけ昔からお店を構えているところで買い求めるようにしている。人の姿が見える材料を使いたいからです。

 

今日は、田辺で「もやし」(味噌を作る菌の本種)を買ってきて、これで準備は万全。

明日からぼちぼちと、準備を始める、そして約1斗の味噌を2回仕込み1年寝かせます。

心配なのは、去年より暖かいことです。

 

そろそろ、去年仕込んだ味噌が食べられるようになる。

うちの味噌ほど、安全で、お上品で、おいしい味噌は世の中にないと思っています。

これを手前味噌というのだそうです。

 

|

« 痛かった | トップページ | 巣箱を壊すもの »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 痛かった | トップページ | 巣箱を壊すもの »