« 巣箱を壊すもの | トップページ | 味噌の匂いが »

2007年10月15日 (月)

味噌を

昨日水に浸しておいた麦、米を蒸した。

 

朝から勤めに出ていたのですが、夕方早く家に帰り味噌作りに取り掛かった。

まずは庭にかまどを用意する。

薪を細かく割って火を燃やす。

釜に水をため湯を沸かす。

「もろぶた」(もちをついたら入れる木箱)を水洗い。

かまどの湯が沸いたらまずもろぶたを熱湯消毒。

つけていた米を蒸篭に入れ釜に乗せる

蒸しあがったら、もろぶたに広げる

次に麦を蒸す

蒸しあがったらもろぶたの米に混ぜ合わせる。

冷めてきたら糀(こうじ)の種をふりかけ、また混ぜる

材料はもろぶた3箱になった。

 

米3升に麦3升、夕食をはさみ約4時間で作業は完了。あとは保温と保湿で2~3日

煮た大豆と混ぜる大変な作業があとに続く。

 

やっと涼しくなった今日、秋にふさわしい行事となりました。

|

« 巣箱を壊すもの | トップページ | 味噌の匂いが »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巣箱を壊すもの | トップページ | 味噌の匂いが »