« 梅干 | トップページ | 退院 »

2007年12月10日 (月)

新月伐採

今日は新月伐採の日

 

 一年で一番伐採に適した日なのだそうで、今日切った木は、裂けず、曲がらず、長持ちするのだそうです。

 

今朝、季楽里龍神で偶然チェーンソーカービングの城所さんに出会った。

そして、この話を教えてくれた。

早速ロビーにおられた方たちに、城所さんを紹介し、皆さんに新月伐採のお話しを聞いてもらった。

 

 山林作業の暦は旧暦(月齢)という話しは、ずっと前に竹馬屋の長やんが教えてくれ「吉野の人たちは今もその暦で作業するんじゃでぇ」とも聞いた。

けれど、具体的なものは知らなかったのですが、始めて伐採適期のことを知ったのでした。

 

城所さんたちはこれから、丹生ノ川の山林へ行って午前中にできるだけ作業をするのだと言っていた。もちろん自分たちで祝詞を上げてから作業するのだと付け加えた。

 

 似たような話しですが、

新しい作業場(山林)に入るときは、必ず木の根元にヨキ(小さな斧)を立てかけ、その場にお酒をお供えし、手を合わせ挨拶をしてから作業にかかると言う若者もいる。

 

 山林や木に敬意を払う人たちが今も、その心を私たちの目に付かないところで形にあらわしている。

 

|

« 梅干 | トップページ | 退院 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅干 | トップページ | 退院 »