« しめ縄 | トップページ | 薪割り »

2008年1月 3日 (木)

雪の正月

雪の元日になった。

 

これまでの記憶とあわせて白い正月は3回目だと思います。

 

「暖かい年の瀬でいいですね」そう挨拶されても返事に困っていました。

わがままな話と思われるかもしれないのですが、冬は寒くなくてはならないのです。

 

ツツジが花をつけ、タカサゴユリが咲き、クロモジの芽が動き始めた冬の始まりは、山に暮らすものにとって不安材料になります。

 

強い冷え込みにはならなかったのですが、正月は私たちに雪という恵みをくれました。

 

護摩山や果無周辺にも、ある程度の積雪があったと思います。

冬の陽に少し解けてはまた積もり、解け出た水はゆっくりゆっくり地面に吸い込まれて、続く季節に豊かな水を約束してくれるような気がします。

 

本当に嬉しい雪の正月になりました。

 

|

« しめ縄 | トップページ | 薪割り »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しめ縄 | トップページ | 薪割り »