« こんにゃくづくり | トップページ | 雪の思い出 »

2008年1月18日 (金)

カビとうどん

今日の夕ご飯はうどん

 

 夕方冷えたのとご飯が少ないので、暖かい麺類となったようですが、食糧倉庫を片付けていて見つけた古い乾麺、息子が先に意見を聞かれ「まあ大丈夫か」の一言でカビの生えたうどんが食卓に登場したわけです。

みんな揃って夕食となり、カビうどんの話となった。話が弾んだとき

「カビと言えばおばあちゃんのロールケーキ」

私が言った瞬間おばあちゃんはニコ―ッとした。

 

 私たちが小さかった頃はお菓子は少なく、たまに木箱に入ったカステラなどが仏壇に供えられると家中大変な騒ぎとなった。

ばれるの承知で、つまみ食いする者のいたので、母は子供に見つからないように、供え物のお菓子をよくどこかに隠したのです。

あるとき、仏壇の上の棚からカビだらけのロールケーキが発見された。

母は「まあ大丈夫か」とロールケーキを蒸して私たちに食べさせてくれた。

その頃でもおいしくなかった「けばけばしい色の乾いた果物」みたいな飾りが美味しく思えてそれ以外は相当かび臭かった。母の励ましと少しの甘みだけを頼りに兄弟4人で食べたことが懐かしい。

 

 夕食を食べながら家内が

「カビの生えたうどんもみんなで食べれば、かあと(なんとなく)美味しいもんやね」

登美屋の主婦はいつの時代もこんなものですかね

 

|

« こんにゃくづくり | トップページ | 雪の思い出 »

日記・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんにゃくづくり | トップページ | 雪の思い出 »