« 始まるよ | トップページ | 引っ越しました »

2008年2月 3日 (日)

節分

 

 今日は節分。

 

 子ども達が小さい頃には、鬼がやってこないように枯れたごんぱち(いたどり)や竹を家のかどでぱんぱん音を立てて燃やした。また、その火でお尻をあぶっておくとねぶと(できもの)ができないからといわれ、みんなでお尻を向けてあぶった。

 鬼の目つき(ひいらぎ)と鰯の頭をさして門先につっておいた。

 豆まきは小さな石ころと大豆。「鬼はそと~」と外に向かって小石をまき、「福はうち」とウチの中には大豆をまいた。

 

 おじいちゃんが、おばあちゃんが、そして子ども達がいて、他には何もなかったが、面白い行事だった。子供らの胸にどんなに残っているかはわからないが、みんなの笑顔だけ残っていればいいなと思う。

 

 子ども達が家を出て暮らす昨今は、豆まきは「福は内」だけで、あとは巻きずしを食べる、それだけだ。

|

« 始まるよ | トップページ | 引っ越しました »

その他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。