« 臆病はすてき? | トップページ | じいさん転ぶ 六方焼 »

2008年2月17日 (日)

また雪

先日の雪が今年最後だと思っていました。

 いつもなら先日の雪で積もる雪は終わり、3月の終わりくらいになごり雪が降って、冬はおしまいになるのですが、今年の雪は少ししつこい。日曜出勤した私は昼前に上富田町におりましたが結構な降り方をしました。龍神では3時過ぎからはすごい降り方、夕方は小降りになって周りが白くなっていたので、夕方のほうが明るく感じるほどでした。

 こんなに雪が降ると急に薪が不足するといけないと思い立ち、息子と二人薪運びをした。去年末娘と大割りしたストーブ用の薪はそんじょそこらのストーブには入らないくらいの大きさなので運ぶのも手間要らず。軽トラ1車分を家のそばの薪小屋に運び入れていたが急に思い立ち、そのうちの少しを最近新築の家で薪ストーブ生活はじめた従兄弟のところに持っていくことにした。そうなるとそれまで編み物をしていた家内も「行く」となり、徒歩100メートルの従兄弟の家にいった。

 ヨツールのF400は、なかなかの燃えっぷりでした。でも、いまいち奥行きが少ないので、やっぱり家のフェニックスのほうが見た目は良いかなと比べたりしながら、「空気調整してみて」「そうじゃなくてもっと微妙に・・・」などと鍋奉行ならぬ「ストー奉行」やってしまいました。「鉄やったらモルソーがよさそう・・・」さすがにそれは言えず、「やっぱり職人さんがセットした煙突は納まりがきれいやなぁ」とほめておいた。

 ストーブ談義はさておき木が燃えると、みているだけでも飽きてこないのですが、何とはなしに話が進む、口数の少ない従兄弟の嫁さんも、家内も今日はよくしゃべっていた。今度雪が降ったらまた、薪を持って100メートル先のヨツールを偵察に行こうと思っています。

|

« 臆病はすてき? | トップページ | じいさん転ぶ 六方焼 »

薪ストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 臆病はすてき? | トップページ | じいさん転ぶ 六方焼 »