« 我が家の窓から | トップページ | ホイモ券 »

2008年2月21日 (木)

薪ストーブ歴

 「これが5台目の薪ストーブ」

 ついに家内に白状しました。私はこれまで5台の薪ストーブを買いました。

一番初めは20年前ほど前、長野県のストーブ屋さんで4万円くらいの中国製を買った。しばらく家の片隅においていたが秘密基地ができたとき小屋にセットした。

 冬の雪や雨の日など山の小屋で、小さなストーブに火を入れ、本をよんだりうたた寝をしたり、熱くなって窓を開けると谷の音が涼しい。乾いた薪でゆっくり温度を上げていくときれいに燃え始める。ストーブの小さなガラス窓から見える炎もうまく燃やすときれいに見える。

 それがやみつきになり、次も使う場所がないのに、ベルギー製のものを買い……最終的にホームページのように、秘密基地は小さなストーブにかわり、家は石でできた重たいストーブになった。あとの3台はみんな現役でよそのお家で活躍している。そして最近ベルギー製のものが我が家に帰ってきた。

Img_3818

 そのストーブを息子と整備している。5年くらい使い込んでいるのでそれなりの風格になってきているのがまた良い。クリーンバーン用の空気噴出し口も、使っている石のストーブに比べはるかに小さな穴なので、どんなやさしい炎になるのか楽しみにしながらゆっくり整備しています。

 さてこのストーブがどう変身するか、でもどこで使うかはまだ決まっていない。これが整備できて、また余裕ができたら細長いストーブもほしいと思っています。男のロマンちゅうやつです。

 薪ストーブは男のロマンです

……それにしても家内は「5台のストーブ」発覚後なにも小言がない。もしかしたら細長いストーブ買ってくれるかも。

|

« 我が家の窓から | トップページ | ホイモ券 »

薪ストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が家の窓から | トップページ | ホイモ券 »