« 登美屋の宝物 | トップページ | 雨上がる »

2008年3月14日 (金)

朝の雷

080314

いつも犬の散歩をしてくれている息子に今朝は付き合った。

 朝から雨になり雷がなった。『朝の雷に川を渡るな』そんなことわざがあるから、「今朝は私が」と家を出ろうとしたら、息子も一緒に行くことになった。いつもの散歩道ですが朝は久しぶりなので、すごく明るい場所に思えた。合羽を着た男二人が、濡れ犬2頭と歩く姿は見た目にはよいものではないだろうなぁとか思いながら、小降りのうちに帰ってきた。

 朝ごはんは済んでいたので、そのまま勤めに出たら事務所は停電、中は薄暗くパソコンも動かないし石油ファンヒーターも動かない。コーヒーメーカーも電磁調理器もだめ。「来るんじゃなかった」と後悔した。家なら停電でも薪ストーブが燃えていて、湯は沸いているし・・・。しばらくしたら何が原因か知れないが停電から復旧した。電灯がつき、石油ストーブが燃え、コーヒーがはいった。

 ところが、パソコンのサーバーがおかしくなっていた。補助電源があるのにこんなことが起こる。電源を入れると、ジェット機の離陸前みたいに後ろに向かって風を噴出し始める始末。「こりゃぁサーバーじゃなくて送風機」

 世の中に便利なものは沢山あるけど、くらしに必要なものは何なのか考えなければならない。私たちは、石油や電気を頼りにして薄い氷の上を歩いているような気がする。

|

« 登美屋の宝物 | トップページ | 雨上がる »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 登美屋の宝物 | トップページ | 雨上がる »