« 記念写真 | トップページ | 熱が入って »

2008年4月10日 (木)

確認

 「やっぱり60年じゃよ!」

 朝ご飯のとき、顔を合わすとおばあちゃんは「おはよう」より先に言ったのです。結婚して2年目に生まれた長女が58になるから結婚60周年は間違いないと自信たっぷりに説明してくれた。

 おじいちゃんの話でわかったことですが、どうも昨夜長女(姉)に電話して「お前はいくつになった?」と確認したらしいのです。

 20歳の頃、奉公に出ていた母を父親が迎えに来て「結婚を決めてきた、さあ今から帰る」と聞かされたこと。登美屋の家の前に大きなボタン桜が咲いてきれいだったこと。おじいちゃんが窓に腰掛けて、ギターだったかマンドリンだったかを弾いた話。同じ日に3組が結婚したこと。 

 今の時代には考えられないような両親のスタートです。そして子供が生まれ、その中で私たちが今を生きているわけです。父母の親同士が決めた60年前の縁談を私たちも一緒に感謝しお祝いしなければなりません。。

 話を聞きながら、人の一生は「どんなスタートか」よりも、「どのように生きるか」という積み重ねが大事かなと確認した次第です。

|

« 記念写真 | トップページ | 熱が入って »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記念写真 | トップページ | 熱が入って »