« 田植え? | トップページ | さて、どうしよう »

2008年5月28日 (水)

わさ植え

 登美屋の田んぼは、おもに西明(にしみょう)というところにあります。薬師堂の西にあるからでしょうか、その田が昨日植え始めでした。この植え始めを『わさ植え』というらしいのです。

 わさ植えの前日は味噌の仕込みで寝たのが2時ごろでした。いつか『眠るのにも体力がいる』と聞いたことがありますがそのとおり、5時には目が覚めて田に行きました。わさ植えの夜は、田の中を足袋で歩いたこともあって眠くて寝ちゃいました。

 それはともかく、植え始めは西明でも、その中の区画で言うと『西の岡』植え始めは、一番上の山際『丸田』そして次が『腰切れ』ここの田植えが始まるとおじいちゃん登場。

Img_4585

 片方の端は山側に広くもう片方は川側に広く中間は狭いのです。田植え機で田を植える人ならこの苦労がわかると思います。しかしこの田の楽しみは、腰が切れたスタイルの良い女性を想像しながら田を植えること。でもスタイルが良いだけにてこずる田が『腰切れ』です。私たちがつけた名ではなく、ずっと以前からそう呼ばれていたようです。今日も、しまいにはおじいちゃんも「もう適当にやれよ」となった。

 周辺の田からは随分遅れていますが、順調に田植えは進んでいます。味噌の仕込がうまくいっているように。

Img_4587

家中が糀のにおいに満ちています。

|

« 田植え? | トップページ | さて、どうしよう »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田植え? | トップページ | さて、どうしよう »