« 今朝気付きました。 | トップページ | 我田引水 »

2008年5月17日 (土)

正義の味方

子供達から、父の日・母の日・誕生日などに、色々なプレゼントをもらった。

小さい頃のそれは、田や畑で摘んできてくれたかわいい草花だったり、手作りの封筒に入れた手紙、肩たたき券やおつかい券だったりした。

 大きくなった今は、財布とか、パジャマなど身に付けるものに変わってきたが、どれも何が良いかきょうだい3人が頭を寄せ合って相談して決めてくれたもののようだ。

今までにもらったもので

 一番驚いたのは、「おかあさ~ん、これみてえ~。あげるう~」と息子(小1だった?)がにこにこして自慢げにだっこしてきた白い大きなおなかのごとびき(ヒキガエル)。私は実はかえるがだいっきらい!叫びそうになったが我慢した。卒倒すると思ったぐらい背筋がぞおお~っとした。

 笑ったのは、上の娘(小2だった?)がくれた自作のおつかい券。可愛いヒヨコの絵がついたものだったが、下の方に「ただし、卵だけはごかんべん!」というただし書きがついていた。(これより以前に卵を買いにいかせたら、落として?すべて割ってしまったことがあったのだ。)

 もう一つ、雪が積もると思い出すのは、末っ子のくれた言葉。「おかあさん、心配ないって!正義の味方がついてるって!」(正義の味方とは、どうやら自分をさしているらしい…)

 末娘が4,5歳の頃のことだ。子ども達3人と御坊の実家に遊びに行こうと車で家を出たら、雪が降りだし、あっという間に辺り一面真っ白になった。「どうしょう・・やめて引っ返そうか・・なあ。」と迷っていたときの末っ子の言葉だ。その声に背中を押されて出ていくと決心。少し走ったら嘘のように雪はなくなり御坊はよく晴れていた。 

 いつも子ども達からは色んな形のおくりものをもらってきた。今でも「正義の味方」達に色々教えてもらって生きていく道を探っている。そうしていると結構面白いものに出会えることが多いのだ。

|

« 今朝気付きました。 | トップページ | 我田引水 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝気付きました。 | トップページ | 我田引水 »