« 昼に降れば良いのに | トップページ | 石積み »

2008年5月14日 (水)

期待はずれ

 雨が降るので「朝早くから耕運機動かしてもいいっか」5時過ぎに田んぼに行ったけど、やっぱり気がひけて6時を待った。雨脚が一瞬ひどくなった5時45分我慢できずにエンジン始動。雨が降るのに田にはうまく水が溜まらず、そのうち雨も上がってしまった。

 「あ~あ期待したのに」それでもエンジンは止められず耕運機について歩いた。小1時間も過ぎたとき雲が切れたのか、さーっと明るくなった。

Img_4489_3

 西の岡に射した朝の光は、「作業が思うように進まないことぐらい、どうってことない」気分にしてくれた。

 田に行くのが楽しくて夜明けに目が覚める。私は、耕すためだけではなく、このような経験を期待して田に立ってるのかもしれません。明日は、どんな感動がめぐってくるだろうか。

|

« 昼に降れば良いのに | トップページ | 石積み »

自然と暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昼に降れば良いのに | トップページ | 石積み »