« 末娘帰る | トップページ | 小説日高川 »

2008年5月 1日 (木)

特別栽培

 ガソリンがもとの値に戻った今日、みなべ町へピーマンの苗を引き取りに行ってきた。

 この特別栽培というシステムは、化学肥料の制限、農薬の制限を守り栽培履歴がわかるように記録し管理する栽培方式です。

Img_4400

 我が家では米や自家用の野菜を作る感覚と同じように考えています。元肥も米と同じ、薫炭、米ぬか、油粕が基本として土に混ぜそこに有機肥料を打ち込むので、化学肥料は基本的には使わないように考えています。本当は、家族の食材と同じ感覚の野菜作りを特別と呼びたくはありません。特別栽培ではなく当たり前栽培とでも呼びたいくらいです。

Img_4404

 苗は午前中に家に持ち帰ったので、みんなで定植しました。地際の茎を虫にかじられないように茎に幅2センチほどに切った新聞紙を巻きつけながら植えていきます。おばあちゃんは、デイサービスへ行く日と重なったので昨夜のうちに新聞切りをし貢献しました。本当は一緒に植えたかったようです。

 植え終わってしばらくすると雨が降り始めました。きっと元気に育ってくれるでしょう。

|

« 末娘帰る | トップページ | 小説日高川 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 末娘帰る | トップページ | 小説日高川 »