« さなぶり | トップページ | 梅雨 »

2008年6月 1日 (日)

麦秋

昨日さなぶり、今日麦秋

Img_4617

 刈取りも最終はおばあちゃんが仕上げます。ここまで来るのも大変な足取りでしたが畑に出ると元気になります。このあと落穂を全部拾い集め、ハウスに運び込みました。あとは、おさやんが奥さんとふたりで来て脱穀してくれます。集落でこうして麦を作っているのは数軒で麦栽培の話だけで結構盛り上がったりします。

 同じことを経験する一体感はこの年になっても楽しいものです。子供の頃のクラブ活動みたいな感じと言っても表現に間違いと思います。栽培上の苦労や心配事を共有するのは大切なことです。

 いつも庚申さん(農業の神様)におまいりしているMさんも麦を作っていますが、庚申さんの掃除をしながら「え~さん鹿に食われとってよかったのう」といわれた。鹿に食われることで草丈が伸びず結果倒れずに済んでよかったというのです。そうしてしばらく味噌や醤油の話をした。その夜にMさんから電話をいただき「今日話しそびれたことがあって・・・」それでまた10数分麦のことで楽しい話をした。

 それぞれ耕す畑はちがっても、同じ作物を作り体を使って知った苦労や喜びを共有することは、親しみを倍増させる。

|

« さなぶり | トップページ | 梅雨 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さなぶり | トップページ | 梅雨 »