« 薪準備 | トップページ | ふたつでひとつ »

2008年6月 9日 (月)

山に手を合わす人

村にある宿泊施設「季楽里龍神」でお客さんを案内して「朝の散策」に出ています。

 季節の花、朝露の様子、動物たちの話、水と木とそこに暮らす人たちのかかわり、山の手入れの話、質問に答えたり、逆に教えていただいたりしながら、林のなかで同じ時間を過ごします。

Img_4139

 きれい事に聞こえるかも知れませんが、「一生に一度きりの出会いかも知れない」そんな気持ちで龍神のことをお伝えしています。

 今朝も、いつもどおり緩やかな林道で様々な、ものに、においに、かぜに立ち止まりながら歩きました。そして、行くときとは違う発見をしながら同じ道を帰ったのです。林道を出ようとしたとき、一人の方が振り返り、山に手を合わされた。続いて林道から出る何人かの方が同じように手を合わされた。

 私にははじめての経験でした。自分を振り返り、毎日をこの自然や環境の中にいて、手を合わすほどの感謝をしているだろうかと反省した。それと同時に、やっぱり一生一度かも知れない出会いを大切にしようと思いました。

|

« 薪準備 | トップページ | ふたつでひとつ »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薪準備 | トップページ | ふたつでひとつ »