« 梅干 | トップページ | 男の料理サークル »

2008年7月16日 (水)

うっふ

 我が家には2頭のラブラドールがおり、メスで黒の「シェリー」とオスで白(正しくはイエロー)の「うっふ」がおり、シェリーがお嫁さんに来てくれて2頭は夫婦です。彼らには8頭の子供がいます。この夫婦はっきり言ってかかあ天下です。

 うっふはタマゴッチが流行ったとき子供達がそれをせがむので「じゃ本物を」と飼い始めたので、「うっふ」と言う名です。フランス語で卵という意味ですから、充分タマごっちの代わりになったわけです。

 ブリーダーをされている方のおうちに家族でうかがい、生まれたばかりの子犬を見せてもらいながら、娘が「この子」と決めたのがうっふです。長女が、たくさんの子犬に向かって差し出した手に、1頭の子犬が近づき頭をのせてきて、そのまま気持ちよさそうにじっとしてた姿を今も思い出します。それがうっふです。

Img_4903

 あれから10年あまり。私たちの手に頭はのせてきませんが人の姿を見ると、ごろんと横になり、「おなか、撫でてくれる?」って目をしてきます。やっぱりあの子犬の時と同じです。うっふが家にきてこれまで、様々なことがありましたが、彼に、励まされたり、慰められて救われながら家族のつなぎ役もしてくれているように思う。

 今朝は久しぶりのシャンプーでした。物干し場で洗っていて、首輪を外してもじっとしています。おじいちゃんの姿が見えたので、ゆっくり近づき泡だらけの体で思いっきりぶるぶるしたあと、のそのそとまた私の方に帰ってくるのでした。

結構な年齢ですから、それなりに動きは緩慢になっていますが、かわいいいたずらは今も健在です。

|

« 梅干 | トップページ | 男の料理サークル »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅干 | トップページ | 男の料理サークル »