« 静かなピアノ | トップページ | 頑張って »

2008年8月28日 (木)

雨とカツラ

 カツラの周辺が香り始めています。

 数年前、奥多摩の『山のふるさと村』にインタープリターの研修で通っていた。そこでカツラの葉が香ばしいことを教えられました。秋が深まった頃、ビジターセンターの展示に『かいでみる』があってもちろん試してみたら、家でお茶を焙じる時の匂いと同じように思いました。

 私の秘密基地は、林道を少し入ったところにあります。入り口には古くから続く家があり、その昔『桂屋敷』と呼ばれ、大きな桂の木があったとのことでした。その話を聞き10年もっと前に桂の木をその家の近くに植えました。

 この木が香ることを知らずに植えたわけです。その後、秘密基地のそばにも植えました。先日、林道の入り口を歩いていたら良いにおいが漂っていました。今度天気のよい日に、この下でゆっくり本でも読もうと思っていますが、ずっと雨続きです。

Img_5311

 雨の夕方、田んぼへ行った帰りふらっと林道に入ってみたら、後に植えたカツラが雨に垂れ下がり輝いて見えました。そして「カツラの若い木はこんなに姿が良いのか」と感動しました。

 知ることは喜びですが、自然がくれる偶然の感動もありがたいです。

 

|

« 静かなピアノ | トップページ | 頑張って »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静かなピアノ | トップページ | 頑張って »