« 一生現役 Ⅱ | トップページ | お茶 »

2008年8月11日 (月)

ピーマン

カメムシとアブラムシがついて、葉っぱに斑点ができる病気がピーマンに出始めました。

 先日農協に相談して消毒をすることにしました。次の収穫まで時間が長く空くように考え、できるだけたくさん収穫しておいて消毒します。そうすると消毒作業開始は夕方7時くらいからになりました。暗い中での作業は早くすすまず結局終わったのは9時前でした。

Img_5068

 消毒から2日後の昼、様子を見に行きましたら、葉っぱが全部しおれ無残な状態になっていました。『もしかして・・・・』薬害?農薬を間違ったか?「息子とおじいちゃんが一生懸命手入れしたピーマンを・・・・」お日様はまぶしいのに、寒気がするほどでした。

 これは謝らねば。

 息子に「どうも薬を間違えたみたいや」と葉っぱの様子を伝えると「日照りで、昼間は葉がしおれているよ」と平然とこたえたあと、夕方はシャキッとしてるよと教えてもらった。

 家内には「自分で作物に何か作業をしたあとに、何か悪い変化があったら、すごく心配だよ」と言われた。

二人は、私が勤めに出ている間に、いろんなことを学んでいるのだと感心し、二人を心強く思った。

|

« 一生現役 Ⅱ | トップページ | お茶 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一生現役 Ⅱ | トップページ | お茶 »