« にっこり | トップページ | 天気のこと »

2008年9月14日 (日)

FSCが教えてくれたこと

 娘夫婦も来て昨日今日稲刈り作業をしました。それに今日は、年貢として米などを納めているUさんご夫妻も収穫作業に参加しました。「年貢を頂くだけでは悪いから」らしいのですが息子が言うには「昔から年貢を受け取る人は、相手の苦労を知ろうとしてはいけない」らしい。

 稲刈りは、コンバインでサーッと刈るのではなく、バインダー(稲刈り機)で人が早足で歩くスピードで一株ずつ刈ってゆくのです。そして刈取った稲は、田んぼに作った物干しに1束ずつかけて、お日様と風で乾燥させ脱穀して蔵に入れるのです。

 この機械は、稲を刈る機能と束ねる機能そして一輪のタイヤが集合したものです。刈るところはバリカンの少し大きなものがついており左右にスライドすることで稲を刈ります。 もうひとつ大切な機能は、バーが下から上に向かって動き、倒れた稲を起したり、束ねやすいように稲をまとめる役割を果たすものがついています、エスカレーターの階段が棒状になっていると考えてください。これもバリカンも結束機能も摩擦が大敵なのでタンクに入った油をレバー操作でさすようになっています。

Img_5399

 我が家ではこのタンクに食用油を入れるようにしました。この秋からはじめたことで、機械にどんな影響があるかは分かりませんが、気分よくやっています。

 思いついたのは以前龍神村森林組合が取り組んだFSC(森林認証)からです。その中に環境負荷を小さくする取り組みがあり、チェーンソーの飛ばし油を植物性のものにする取り組みがあった。認証維持経費の関係で今は認証がありませんが、自然負荷を小さくする活動は続いています。

 田んぼへの環境負荷軽減として、我が家の取り組みがこれです。

|

« にっこり | トップページ | 天気のこと »

エコライフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。