« 秋の匂い | トップページ | 秋の始まり »

2008年9月 3日 (水)

水切り

 西明の刈り取りが順に始まった。

 春の朝、この場所から見た薬師堂のクスノキは後光が射したように見えた。今日の午後の雨は夕方には止み、薬師堂や宮代谷を霧で隠してしまった。

 早い人は5月の連休頃に田植えをはじめていた。それから4ヶ月で実りの季節を迎えた。一番先に刈った『竹馬屋』の『長やん』は、その分を、こないてしもうた(脱穀してしまった)。『むねがいと』の『とし君』も刈り始めた。私の田はやっと水を切った(畦の水落とし口にある水調整の板を取り除き田に水が溜まらないようにする)。田植えが他の家より二十日以上遅れたので、これくらいでよいと思う。

 今年は、まだイノシシもサルも田に下りて来ていない。稲は穂をつけ頭を下げて、例年にない出来栄えです。おじいちゃん(父)から稲作りを受け継ぎ、化学肥料を使わなくなり、その分手間がかかるようになった。手間をかけた分、米の収穫量のことよりも、稲が元気に育ってくれることが目標になった。

Img_5354 

 稲の株の間には雑草がいっぱい生えて、見た目は悪いけど、元気に育ってくれた。

 この黄緑が黄色に変わる頃、汗まみれになって収穫作業をすることになります。そしてこの間まで稲に「がんばっとるなぁ」とか「頑張れよ」とか言っていたのに、今度は地面に向かって「ありがたいなあ」って作業に疲れふらふらになりながら、呪文のように言うのです。

|

« 秋の匂い | トップページ | 秋の始まり »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の匂い | トップページ | 秋の始まり »