« 『りき』を訪ねる | トップページ | やさしくなったので »

2008年10月 5日 (日)

恋鳴き

 9月末から鹿の恋鳴きが聞こえ始めています。

 夏の初めでしたか、その頃にもシカの鳴き声が聞こえるのですが、それは母ジカが子をさがし呼ぶ声、母性からの鳴き声だと言われています。そして、今聞こえるのは雄ジカが交尾相手をさがすために鳴いており、情熱の鳴き声といえます。

 トンビが鳴くような声で「かいーの~っ」って感じで鳴きます。2回くらい繰り返して鳴くことが多いので、『何か聞こえた』と思ったら静かに耳を澄ましてみると、聞こえてきます。

 恋鳴きの季節が終わる頃、太鼓の音が聞こえ始めます。11月初めにある村祭り、お囃子の稽古が始まるのです。稽古の主役は、若者から小中学生に代わってきました。

 若者たちが主役の祭囃子を聞きたいものです。

Img_5562

この秋、もう一度読んでみようと思う本 『十津川移民』

明治の大水害で北海道に移民した人たちの記録です。

|

« 『りき』を訪ねる | トップページ | やさしくなったので »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

鹿ってかいーのって間寛平みたいに鳴くんやね♪

投稿: 真ん中 | 2008年10月 5日 (日) 21時12分

ほんまは『ピィ~ーィーッ』って鳴くんやけどね

投稿: 父 | 2008年10月 5日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『りき』を訪ねる | トップページ | やさしくなったので »