« 「はい」じゃない「はい」 | トップページ | 薪ストーブと湯たんぽ »

2008年12月23日 (火)

くずミカンと私

Img_5948

 「撰果しあったら(していたら)、おまはん(君)のこと思い出してナ。くずミカンいらんか?」かかってきた電話は、名乗りもせずに始まった。

 電話の主、準ちゃんは、わが母校『和歌山県農業大学校』の同級生。

「なぜ、くずミカンで私を思い出す・・・・」きっかけは何でもよい、思い出してくれるのがありがたい。

 農業大学校は、全国の都道府県に各一校ある、と思う。農業後継者や、農業関係の技術者を育てる?2年間の学校です。私たちが30年余り前に学んだ農大は全寮制、寮と学校を隔てるのは、狭い中庭。朝6時の点呼から夜9時まで、園芸や畜産の実習と授業が続く。

 平日は外出禁止、月に一度土曜の午後から日曜の夕方まで自由な時間が与えられた。紀ノ川の中流、かつらぎ町にある学校から家が遠い者は、思うように帰ることができなかった。

 2年間同じ屋根の下で過ごすと兄弟に近い存在になる。あほなやつ、気のいいやつ、陽気なやつ、陰気なやつ、はかれないやつ 一人一人が全ての性格を持っていることが分かる。つまり、2年間でいろんな友の姿をみることになるのです。

 そのような2年間を過ごしていますから、久しぶりに出会っても5分も言葉を交わせばそれでよいのです。多感な時期を缶詰状態で一緒に過ごしたから分かり合えるようなところがある。

 この寮生活を経験したことは、それからあとに良い、人との出会いを与えてくれたように思う。

 

 

 

|

« 「はい」じゃない「はい」 | トップページ | 薪ストーブと湯たんぽ »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

みかん一緒にせんかしたかとあるんちゃうん?
くずみかんくれるというのは素敵もらったらわけて
寮はたのしいねひとりぐらしより世界が広がるね

投稿: 真ん中 | 2008年12月23日 (火) 23時26分

 寮は、大きな家族や。
 あほなやつ、気のいいやつ、陽気なやつ、ちょっとつらい時もあるやつ、が作ったみかんは御馳走です。

投稿: 英 | 2008年12月24日 (水) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「はい」じゃない「はい」 | トップページ | 薪ストーブと湯たんぽ »