« 焼豚 | トップページ | ありがたい一日 »

2008年12月20日 (土)

ムササビ

ムササビのすむ山があります。我が家のホームページにのせているものがそれですが、巣がある木は、『ドレザコ』(落ちるさこ=急斜面・崩れている斜面・石が落ちる斜面)と呼んでいる場所にあります。

 いるのは分かっていますが、そんな場所ですから出会いに行くのがたいそうで、それにきっと一頭ではないと思い、この山に沢山のムササビに住んでもらうよい方法はないかと考えていました。

 去年でしたか秘密基地の周辺に鳥の巣箱を作り、木にセットしました。あるときその巣箱を見ると入り口が何者かにかじられ、大きな玄関になっていました。友人が「ムササビが巣にしようとしたのかも」と言いました。

 待ってましたと、ムササビ用の巣箱を作り秘密基地の近くの杉の木に取り付けてみました。最近、その木の樹皮がはがれ、ぼそぼそが目立つようになりました。周囲の木もそのようなあとが見受けられるようになりました。

Img_5949

きっとムササビがここを自分の巣にしてくれたのだと思います。

 問題がひとつ、はしごを登って何とか取り付けた巣箱が、傾いてきているのです。これが山のムササビの間でうわさになったら大変です。違法建築を解消しなければなりません。住んでるムササビ、昼は巣箱で寝ているから動かせない、夜の留守を狙って木に登る体力も勇気も私にない。たとえ、その作業をやってくれる夜行性の元気な人間がいても、そういう人はきっと夜は酔っている。

何かよい方法はないものか???

|

« 焼豚 | トップページ | ありがたい一日 »

ペット・動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。