« 退院と煙突掃除 | トップページ | 注連縄(しめなわ) »

2008年12月27日 (土)

秘密基地

 家から見える一番高いところは『のひろぎ』です。のひろぎが朝日に赤く染まるのは冬の証拠、そして寒い一日になるのです。

Img_5983

 こんな日は、朝一番に谷の小屋に行き、薪ストーブに火を入れます。

 秘密基地と呼んでいる谷のそばにある山小屋は、犬たちの散歩をしていて雨が降ったりしたときのために建てたものです。ここにあるストーブは2代目、はじめのストーブは知り合いの秘密基地で同じように活躍しています。

Img_5985

 このストーブは、一応クリーンバーンということになっています。燃焼室の奥に空気の噴出し口があって、ストーブの温度が上がるとやっぱりそれなりのきれいな燃え方をします。これに買い換えるとき、10㎡二階建には大きすぎるかと思いました。ところが小さな小屋なのに、この薪ストーブの不足気味の能力がおかしいし、楽しい。

 正月を迎えるための掃除や準備が終われば、私は家の用事から開放され、ここは本当の秘密基地になります。

 丸太を持ち込んで薪割りをしたり、ストーブのそばで本を読んだり、昼寝をしたりして過ごします。今年は、ベンチを作ろうと思っています。それも決まったものではなく、気分しだいです。

|

« 退院と煙突掃除 | トップページ | 注連縄(しめなわ) »

薪ストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 退院と煙突掃除 | トップページ | 注連縄(しめなわ) »