« 星神さんと熊の足跡 | トップページ | 紅葉 »

2009年1月22日 (木)

蝋梅(ロウバイ)

 玄関を出てシェリーの小屋のほうに曲がったら急に良い香りがしてきた。

 ついこの間まで、柊(ヒイラギ)が白い小さな花をつけ香っていたと思ったら、もう正月が過ぎ、今度は蝋梅が香ってきたのでした。

Img_6169

 去年、息子が勤めをやめて九州から帰ってきてくれ、長女の結婚が決まったと言うか、新しい息子ができたふたつの慶びにと、子分のような息子たちと一緒に植えたのがこの蝋梅。

 この木を選んだのは香る記念がほしかったからです。

 石を並べて花壇を作り、眺めの良い場所から持ってきた土と腐葉土をいれ、苗木が風雨に倒されないように二本の杭を打って横木を通し、棕櫚縄(しゅろなわ)で枝をしばりつけた。男達3人があまり丁寧に植えたので、家内は植木屋さんみたいだと笑った。

 あれから一年が経ってその花が咲くとき、家内は実家の両親の看病に帰っている。年齢が年齢だけにずいぶん心配をしながらの看病だと思う。

 喜びと同じだけのつらさや哀しさがあると言うけど、本当にそうだと今更に思う。そして決して派手ではないこの花を見ながら、喜びも悲しみも静かに受け入れることができる人になろうと思う。

|

« 星神さんと熊の足跡 | トップページ | 紅葉 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

かわいいはなになったね話深いネ

投稿: 真ん中 | 2009年1月25日 (日) 21時08分

深いのなんのって・・・
うれしい時もつらい時もおろおろして、年を経て経験を重ね、何があっても『そんなもんだよ』といえる人になるのかなあ?なれるかなあ?

投稿: 英 | 2009年1月25日 (日) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星神さんと熊の足跡 | トップページ | 紅葉 »