« 秘密基地のランプ | トップページ | 蝋梅(ロウバイ) »

2009年1月21日 (水)

星神さんと熊の足跡

 私たちの地域には星神さんがまつられている。

 星神さんは、柿原の観音さんの滝の上にあり、今は林道がそばを通っているけど以前は、足がすくむような崖の細い道を通らないと行くことはできなかった。

 子供のころ、このあたりには天狗がいるという噂もあった。今から思うと、危険な場所だったから、ごおら(かっぱ)のいる淵と同じように、大人たちが子供たちを危険な場所に近寄らせないように受け継いできた話なのだと思う。

 その怖い崖っぷちの先にある星神さんの餅まきが、来週28日にある。私たちの大字をさらに地域に分けて星神さんの当番をするのですが、今年は、私たちの小原(おはら)と、まなちゃんが世話人の上小薗(かみこぞの)がそれに当っています。

 ゆうべは、区長さんの家に行き段取りの打ち合わせ(関係ない話のほうが長い)をした。予算は、道路は、境内の掃除は、モチは、厄除けは、天気は、呼びかけは・・・・結局7時から10時までかかったのでした。

 氏神、庚申、地蔵などの集落の餅まきと、薬師、星神とあるので、年中このように餅まきのためだけに集まって話をするのです。

 全く面倒くさいのですが、自分の知らない地域の情報が面白い。今回も3時間のうちで本題は30分ほどで、あとは関係なくはないけど地域の話題でした。

昨夜の収穫は、まなちゃんがこの正月に熊の足跡を見つけた話でした。Photo

そのとき、携帯で写した熊の足跡。いただきました。

|

« 秘密基地のランプ | トップページ | 蝋梅(ロウバイ) »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秘密基地のランプ | トップページ | 蝋梅(ロウバイ) »