« 宝物 | トップページ | 日照犬 »

2009年2月 5日 (木)

春の匂い

天気が良いので、昼ご飯のあと布団を干した。

 先日の雨で、谷も川も少し水かさが増し、もうすぐ春が来ることをおしえてくれる。まだ芽吹きもないけど流れる水の音がお日様と混ざって春らしい。

 夕方、車庫に車を入れると隣に開業した歯医者さんご夫婦が「おばあちゃん大丈夫?」肩に『平ぐわ』もう一方に『三つぐわ』を担ぎ、国道を危なっかしく横切る母を見て心配そうに話しかけてくれた。「デイサービスで休養しているから大丈夫でしょう」ジャガイモを植えるための準備だと思う。

 そのおばあちゃんも、日が暮れる頃には帰ってきて、ジャガイモの種芋を包丁で切り灰をまぶしていた。やっぱりジャガイモを植える準備だったようです。暖かな日には春の予感がしてじっとしていられないのでしょう。

Img_6221 灰まみれの種芋

 家に入ると、布団が取り込まれてあった。ふかふかの布団からは加齢臭が消え、かわりにお日様の匂いがした。

|

« 宝物 | トップページ | 日照犬 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝物 | トップページ | 日照犬 »