« やり残し | トップページ | 男の料理教室 »

2009年2月 9日 (月)

春に向かう雨

 夕方、散歩から帰る途中に雨が降り始めた。

 谷や川の水は正月ころの水位が最低で、それからあとの雨で徐々に平均水位が上がるのだそうです。そのことを教わって20年近くになる。三ツ又(みつまた)の工事現場で、増水した谷を見ながら『としやん』が話してくれた時のことを思い浮かべることができる。

 自然を相手にくらしていくには、先輩から教わったことを、まじめに受け入れないといけない。自分だけの経験は、たかが数十年でしかないからです。

 見たことがないこと、経験したことがないこと、教えてくれている人さえ経験していないこと、そんなことでもまじめに聞かなければいけない。たとえ眉唾ものでも、よく考えてみると教訓が隠されていることが多い。

Img_5426

 今晩の雨は、春を迎えるための雨です。

|

« やり残し | トップページ | 男の料理教室 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やり残し | トップページ | 男の料理教室 »