« 分け合う | トップページ | 道が来る »

2009年2月 1日 (日)

田んぼに鶏糞

 我が家の田は、宮代の西明にある。

 西明は、私たち家族が昭和の終わりまで暮らしていた場所です。そこには家が残っており、今は『竹紙のかんちゃん』と『草木染のあゆんく』がくらしています。

 久しぶりに一日自由な日になったので、午前中はゼンマイ畑用の足場丸太を山から運び出した。ゼンマイ畑は田んぼの斜面にあり、足場がないと歩けないような急斜面ですから丸太を斜面に水平に置き、くいを打ち込んで固定するのです。

 午後は、谷のそばの小さな田4枚(水取り・黒酢・穴・ごん田)をまとめて『谷辺の小田』と呼んでいますが、谷辺の小田とその下に続く、沼、岡田、三角へ発酵鶏糞と薫炭を撒く作業をしました。

Photo

 私が田の作業を引き継いでから化学肥料を使わないようにしています。窒素分を油粕で補っていたのですが、今年から発酵鶏糞に少しずつ替えていこうとしています。何とか夕方までに撒き終えたのですが、田は先日からの雨で柔らかくなっているので、耕運機は入れません。あとしばらく天気待ちです。

 近くのおさやんも愛ちゃんも田起こしが済んでいるのでちょっとあせっています。

|

« 分け合う | トップページ | 道が来る »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分け合う | トップページ | 道が来る »