« 田んぼに鶏糞 | トップページ | 節分(おおとし) »

2009年2月 2日 (月)

道が来る

 私が耕している4反の棚田は、3反は我が家の田で1反はよその田を借りています。

 我が家の田は15枚ほどでそのうちの1枚だけが離れた場所にあります。柳田といい、1反ほどですが家では一番広く東光寺(地名)の薬師堂の前にあります。

Img_5467 

 この柳田は私が高校生の頃はまだ下の道から歩道がついているだけで、肥料を持ち上げるのも収穫した米を持ちおろすのも人の肩にかかっていました。標高差にして40メートルくらいはあると思います。

 20数年前薬師堂まで道が通じました。直接田にはつながっていませんでしたがこれまでのことに比べるとずいぶん楽になりました。そして、ここ数年反対方向から薬師堂に向かって道が伸び始め、ついに今年柳田の横を道路が通るように工事が始まります。

Img_6166

 うれしいことですが、少し心配なことがあります。私が知る範囲では、今まで道がなかったところに道がつき便利になるとその地域に暮らす人が少なくなったり、道路ができたら、それまでの田んぼが杉山にかわってしまったりすることが多いのです。

 日本の恵まれた自然を無理なく生かした棚田の意味や価値を、私たちの世代で見失うことがないようにしなければならない。

|

« 田んぼに鶏糞 | トップページ | 節分(おおとし) »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田んぼに鶏糞 | トップページ | 節分(おおとし) »