« ゼンマイ採りの足場 | トップページ | ホットケーキ »

2009年3月 9日 (月)

麦と鹿

 棚田の一枚に植えた麦、また鹿に食べられてしまった。

 これまで、鹿に入られては張り巡らせた電気柵を修理することを繰り返していたが、今回は修理が必要な断線がないから、鹿がいったいどこから侵入したか分からない。どう対策したらよいか迷う。

 今年は、収穫をあきらめようと思いながら。竹馬屋(屋号)の麦畑を見に行った。すくすく成長した麦がまだあまり伸びていなければ、今からでも対策して、我が家の麦にまだまだ頑張ってもらおうと思ったからです。

 竹馬屋に『おさやん』はおらず、家の裏の畑に『さとみさん』がおった。「え~さんなっとうで、うちはみな鹿に食われた」と先に言われた。ボヤキを聞いてもらおうと訪問したのに、先にぼやかれた。

 ここの畑は、シートを張った外側にネットを張って、それでも一部を倒して入って来たらしい。麦畑の中には、先のちぎれた株と、鹿の足跡がいっぱいあったけど、今度はさらに防護柵を補強をするのだそうだ。

 「そいじゃ」帰ろうとしたら、これからどうするのかと聞かれ、柿原の山に気晴らしに遊びに行くと答えたら。「次に雨ん降ったらまた鹿ん入るでぇ、今から田圃へ行て、柵を二重にしやんせえ。そいから、山へ行たらええわだ」尻を叩かれその足で、電気柵を2重に張る作業をしました。

Img_6419

 もらった勇気で、あと2~3回は鹿に食べられても立ち向かえるでしょう。

|

« ゼンマイ採りの足場 | トップページ | ホットケーキ »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゼンマイ採りの足場 | トップページ | ホットケーキ »