« 庭の手入れに似合うもの | トップページ | 靴脱ぎ禁止区域 »

2009年3月 3日 (火)

ダニのとり方

 車に乗っているとき、ひざの裏がかゆいので指で触れたら、なにやら突起物があった。

 家に帰りよく見ると、何とか小さな黒い点が発見できた。きっとダニです。

 以前、これを無理にとったら、ダニの口が皮膚に残りその後かゆみが長く続き、かくと小さく化膿したりして大変だった。

 山には、この小さなダニと『ゴウソ』と呼ばれているカメムシくらいの大きさの茶色のものがいるのですが、幸いでっかいヤツには、今まで食いつかれたことはありません。

 両親は、ダニやゴウソが体につくと、せんねん灸をその上に貼り付けて火をつけたり、サロンパスなどの膏薬(こうやく)を貼り数時間置いてはがす方法をとっています。

 私は、はがした後すぐに風呂に入るとひどく湯を熱く感じる膏薬を張ることにしました。この膏薬には、虫に効きそうな辛子成分があると思うからです。朝貼ったそれを先ほどはがしました。すると ジャジャ~ン

Img_6355

 確かにダニです。見事に?とれました。『ざまぁみろ』です。

 ダニの口が私の皮膚に残っていなければよいのですが、確認できません。悲しいかな、私の老眼が、採取したダニの細部を見ることも、ひざの裏を見ることも許してくれないのです。

|

« 庭の手入れに似合うもの | トップページ | 靴脱ぎ禁止区域 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庭の手入れに似合うもの | トップページ | 靴脱ぎ禁止区域 »