« 犬恋しい | トップページ | 庭の手入れに似合うもの »

2009年3月 1日 (日)

つなぐ

どんな家庭でも「年中円満」ってことはない。と、思う

いつも、ありがたいと思うのは、我が家の風呂は薪で沸かすということ。

 薪ですから、スイッチのひとひねりで、すぐに風呂が温まるわけではない。薪をくべて、しばらくしないと温まってはこない。

 今晩、おじいちゃんが「お先にいただいたよ」と風呂から出た後、焚き口でなにやらごそごそしている。見に行き「ごめん、風呂ぬるかったん?」と聞いたら「ちょうどええ湯やったよ」といいながら薪をくべ、火吹き竹で火を起している。

Img_6342

 次に入る人が、ぬるかったら悪いので追い焚きをしてくれているのです。

 日常の暮らしの中で、どんなに不満があっても、木にかかわるときは、育てるときも、使うときも、次の人のことを考えてかかわるのです。

 毎日使う、薪で沸かす風呂は家族の気持ちをつないでくれる、大切な存在です。

|

« 犬恋しい | トップページ | 庭の手入れに似合うもの »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬恋しい | トップページ | 庭の手入れに似合うもの »