« 積み重ね | トップページ | 28回目 »

2009年4月18日 (土)

うちのお茶が美味しいわけ

 お茶の新芽が出始めました。

Img_6900

 家で飲むお茶は家で摘みます。去年摘んだものを今飲んでいるわけですが、これが香ばしくて美味しい。(お茶が仕上がるまでは、我が家のホームページをご覧ください。)

 お茶摘みは、普段の作業などとは違った楽しみがあります。実家で両親の看病をするために、今年はお母さんがお茶摘みに参加できないのが残念です。

 田んぼの畦際やら、畑の端っこに生きているお茶の木から新しい葉を頂くのですが、一ヶ所によくあって数本です。葉を摘み終るまで、しばらくその場にいて次に移動することを繰り返しますから、その場その場で、違う風景と会話を楽しむわけです。

 目の前で同じ作業をしている人と、春の景色の良いところに腰を下ろすのですから、会話は自然とやさしいものになります。

 摘んだ葉を家に持ち帰ってみんなで作業します。ゴミを取り除く人、薪をくべる人、炒る人、揉む人、仲良くしないと作業はすすみませんし、日が暮れてしまいます。

 家族で、楽しみながら摘んで帰り、にぎやかに加工する。だから私は、うちのお茶が美味しいのです。

 

|

« 積み重ね | トップページ | 28回目 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 積み重ね | トップページ | 28回目 »