« 麦と頑張る | トップページ | 野生動物に出会う »

2009年4月 8日 (水)

土とり

 3月下旬から4月上旬に天気のよい日が続くと、稲の苗を育てる為の土とりをする。

 田植え機で稲を植えるので、マット状に苗を育てます。このサイズの決まった箱で育てた苗を箱苗(はこなえ)と呼びます。

 今日は、息子と二人で、龍神で一番眺めがよいと決めている場所へ土とりに行きました。私が田んぼの作業を引き継いでから毎年この場所で箱苗用の土をいただいています。

Img_6796 

 何日か前、その土地を所有されている方にお願いの電話をしたら「また季節になりましたね」と毎年変わらないやさしい返事をいただいた。

 息子と行くのははじめてで、これまで娘や家内に手伝ってもらっていましたが、今日は私が手伝いをしているようで、すごく楽に作業は終わりました。

 お茶を飲みながら山並みを眺め  私が高校生のとき片道2時間かけて下刈りに通った山。泊り込みで山仕事をした人たちの山小屋のあった場所。いかだ師さん達が越えた峠。あの辺りに小屋でも建てたら楽しそうだ。  はなしは時代を行ったり来たり。

 龍神で、空が広くて、人工の光が届かず星が一番多くきれいに見える場所。この土で苗を育てたら自然の力をいっぱいいただける気がする。

 

|

« 麦と頑張る | トップページ | 野生動物に出会う »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 麦と頑張る | トップページ | 野生動物に出会う »