« 米子の娘から | トップページ | 大切な時間 »

2009年4月15日 (水)

春の光

私の暮らしは、家業の『登美屋』以外に勤めに出ています。

 建設会社の事務所で、今はISOの審査を受けるための準備をしているところです。書類を整理し、パソコンとにらめっこ。年なのか午後には目がかすんできます。

 ふと、窓のカーテンに影が動いたと気付き目を向けたら、木漏れ日。

 風に揺れるこずえ、すっかり芽を伸ばした若い葉っぱ、午後のお日様にできた影がカーテンに揺れていた。

Img_6890

 勤めに出ている時間以外は、田んぼに出ても山に入っても、花や草や山や自然にいっぱい興味を持ってわくわくしながらくらしているのに、ここでは桜の花が咲いたことも、その葉が開いたことさえ気付かずにいた。

 窓を開け、春の光をすってみた

 勤めに出ることで、大切なことを見逃していたことよりも、気付けば近くにあるほっとする空間がありがたかった。

|

« 米子の娘から | トップページ | 大切な時間 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米子の娘から | トップページ | 大切な時間 »