« なつかしの牛乳ビン | トップページ | 土とり »

2009年4月 7日 (火)

麦と頑張る

 秋に種まきし、芽を出すたび、鹿に荒らされた麦です。

 春の声を聞くようになってから、さとみさんに勇気をもらって、「なにくそ」と電気柵を二重に張ったら、春でまわりに草が増えたからか、電気柵が怖いからか、鹿の足跡が田んぼから消えて久しい。

Img_6787

 そこへ、家内が株元に油粕をやってくれたものですから、急に伸びた気がします。

 伸びてほしいし、けれど余り伸びすぎるとまた、霜が降りる日もある。心配の種は尽きない。背は伸びなくてもよいから、何とか実をつけてほしいものです。

 『おませこむぎ』は、6月はじめの麦秋まであとひと頑張り。

 麦がひと頑張りするあいだ、私も田んぼで頑張ろう。

|

« なつかしの牛乳ビン | トップページ | 土とり »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なつかしの牛乳ビン | トップページ | 土とり »