« ほっとする時 | トップページ | としやんの田んぼ »

2009年5月 3日 (日)

心配の元

電話に出たら、歩いて20秒の離れにいるおばあちゃんからだった。

 さつま芋のつるを挿したいから、畑まで送ってくれないかという内容を長々と話した。これから着替えをしたらピーマン畑に行くから付き合うと返事した。

 しばらくしたら勝手口から「行くときゃ、ゆうてよ」(黙って行くな)とおばあちゃんの大きな声が聞こえた。電話の後に念を押す・・・・さてはいつもの手を使ったなと感づいた。

 おばあちゃんは、計画通りにことを運びたいときに、電話作戦をします。可能性のある人から順に電話をし、自分の計画を進めるのです。

Img_6991

 畑に行き、芋のつる20本を一筋の中に何のちゅうちょもなくきれいに並べた。

Img_6992

 それを端から順に挿し土で覆う。10分ほどで作業が終わると、「わしゃぁしんどいさか、もう送ってくるるかい」(疲れたので家に送って)

 家の近くの畑の大部分は、すでにおばあちゃんの占領済みですから、1キロほど離れたこの畑を狙って芋のつるを手に入れ、計画を進めたわけです。

 芋のつるは買ったけど、植える段取りがつかない。心配で心配で夜も眠れなかったと、行き帰りの車の中で話してくれました。

 これでおばあちゃんの心配の元はなくなったけど、次はどのような作戦で来るか私たちの心配は絶えない。

|

« ほっとする時 | トップページ | としやんの田んぼ »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

ばぁちゃんは今日も元気だね

投稿: 真ん中 | 2009年5月 4日 (月) 07時15分

「もう、ふらふらじゃ」と言いながら家を出て行くのでお母さんが、視察に連ってくれました。周辺の田には水がたまり、田植えをしているところもあります。
 家の田んぼは秋に耕したまま、『他所より遅れてる』おばあちゃん、心配の種がまた一つ

投稿: 英 | 2009年5月 4日 (月) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほっとする時 | トップページ | としやんの田んぼ »